音響機材関係について

  1. PA(音響)機器は主催者が準備します。ただし、簡素なものとなります。会場により異なり、ご希望に添えないことがありますのであらかじめご了承ください。
    なお,PAをご提供いただける場合には,運営事務局が損害保険に加入いたします。
  2. 必要最低限の音響機材(スピーカー× 2/8chミキサー・マイク× 6/マイクスタンド× 6/C D プレイヤー),PAオペレータ―を用意いたします。
  3. マイクの本数やチャンネル数等については,ご希望にお応えできない場合がありますので,あらかじめご了承願います。
  4. 打ち込み音源等を利用される場合「CDデッキ」のみ利用可能です。MD、DVD、BD、DAT等の再生機器はご用意しておりませんのでご了承ください。また、デッキの持ち込みもご遠慮願います。
  5. 個人の責による事由により、楽器等が損害を受けた場合、主催者では責任は負いかねますので、予めご了承願います。
楽器レンタルについて

楽器はすべて出演団体の持込が原則です。ただし,楽器及びアンプ類が常設されている会場(ライブハウス及びララ・ステージ)が出演会場となった場合は,原則会場設備をご利用下さい。(ただし,楽器・機材一式のレンタル料として別途3,000円が必要となります。)その他の会場の出演団体で,楽器・機材のレンタルをご希望の場合は,代表者会議にて会場単位で,バンド間や業者とのレンタル機材や料金について調整を実施する予定です。